「どうして私のおっぱいは小さいのか!?」

 

胸が小さい原因

ラクトゲン受容体が作らず、成長ホルモンの分泌量が少ない

バストは、15歳前後の成長期、乳腺に作られるラクトゲン受容体に、成長ホルモンが作用して大きくなります。
胸が小さい方は、このラクトゲン受容体がまったく作られていないか、遅くに作られた可能性があります。
また、ダイエットや睡眠不足によって成長ホルモンの分泌量が成長期に少ない場合、ラクトゲン受容体ができていても、バストが大きく成長しなかった可能性があります。

女性ホルモンが正常に分泌されていない

女性ホルモンはバストの核ともいえる乳腺の増加・発達を促します。ホルモンバランスが崩れたことによって、女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が正常に分泌されていない可能性もあります。

胸(バストアップ)大きくするための対策


成長ホルモンの分泌を促す

ラクトゲン受容体の生成は不可能ですが、成長ホルモンの分泌を促すことは成人後でも可能です。成長ホルモンは筋力トレーニング(筋トレ)や睡眠によって分泌されます。

女性ホルモンの正常な分泌を促す

女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の正常な分泌を促すことでバストアップを図ることができます。

バスト(胸)の仕組み・構造


バストは、肋筋及びその上の大胸筋をベースに、乳腺、クーパー靭帯(乳腺提靭帯)、乳腺脂肪体でできています。育乳(バストアップ)は各組織ごとにそれぞれの方法でアプローチします。




育乳(バストアップ)のやり方


@土台となる大胸筋などの筋肉を鍛えること。

大胸筋は、バストの土台となる筋肉。バストの下、肋骨の上にあります。土台が崩れていてはその上に乗ってるバストをしっかり支えることはできませんから、育乳のためには大胸筋の筋トレ・エクセササイズが欠かせません。また大胸筋を鍛えることによって胸部の厚みが増し、バストアップ効果が期待できます。大胸筋は体の奥でバストを支えいるため、大胸筋を鍛えることでバストの下垂を防ぐことができます。
まずは大胸筋の筋トレから始めてみましょう!
時間がある方は、大胸筋だけでなく小胸筋・僧帽筋・菱形筋の筋肉も鍛えてみましょう!

A吊りケーブルの役割を果たすクーパー靭帯を切らない

クーパー靭帯とは、コラーゲン繊維組織の束。クーパー靭帯は、乳腺を皮膚・筋肉につなぎとめ、バストの下垂を防ぐ吊りケーブルの役割を果たしています。育乳の第一歩は、まずバスト・ケアから。自分のバストを優しく扱うことから始まります。クーパー靭帯が切れないように普段のケアを怠らないことも、育乳なのです。

Bバストの中身である乳腺の発達を促すこと。

乳腺とは、乳汁を作り出す外分泌組織です。バストはその約90%が脂肪組織で構成されていますが、このバストの脂肪は、乳腺を保護するために発達するもの。脂肪を摂取すればバストが大きくなるわけではありません。バストアップにおいては、乳腺を増加・発達させる必要があり、マッサージや筋肉トレーニング、サプリメントなどもこの乳腺に対する働きかけを目的としています。乳腺はクーパー靭帯によって皮膚や筋肉につながれ吊られた状態になっており、これによってバストのボリュームが生まれます。成人になってからラクトゲン受容体ができる場合もあって、この場合には成長ホルモンの分泌を促すことでバストアップができます。成長ホルモンの分泌を促す行為は筋力トレーニング(筋トレ)と睡眠です。

Cバストの中身である脂肪を増やすこと、

バストの90%は脂肪で構成されていますが、この脂肪は乳腺を保護するために発達するもので、食事やサプリメントなどによって脂肪を摂取すればバストが大きくなるというものではありません。バストアップのためにはまず乳腺を発達させる必要があり、その乳腺発達に大きな役割を果たすのがエストロゲン(卵胞ホルモン)・黄体ホルモン(プロゲステロン)といった女性モルモンです。

この4つが育乳(バストアップ)のメインです。

育乳(バストアップ)にとって女性ホルモンが非常に重要

女性ホルモンが育乳(バストアップ)にもたらすもの?

女性ホルモンは、女性らしい丸みを帯びたボディラインを作り出す大切なホルモンです。女性ホルモンは、ツヤのある肌や美しい髪を保つという美容の面からだけでなく、骨を丈夫にし、自律神経を安定させる健康面でも女性に欠かせないホルモンです。もちろんバストアップにおいて女性ホルモンに関する正しい知識を持つことは必須です。

女性ホルモンの種類?

エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)

女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2種類のホルモンがあります。この2つのホルモンはある一定の周期で分泌量を増減させることで、排卵や月経を起こし妊娠に備えるよう体のバランスを保っています。

エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の役割

バストの90%は脂肪で構成されていますが、この脂肪は乳腺を保護するために発達するもので、食事やサプリメントなどによって脂肪を摂取すればバストが大きくなるというものではありません。バストアップのためにはまず乳腺を発達させる必要があり、その乳腺発達に大きな役割を果たすのがエストロゲン(卵胞ホルモン)・黄体ホルモン(プロゲステロン)といった女性モルモンです。一般に乳腺はエストロゲン(卵胞ホルモン)の作用によって増殖し、プロゲステロン(黄体ホルモン)の作用によって発達します。
上記のような女性の身体の本質を熟知して
育乳(バストアップ)の為の
基本的な条件を元のしたプログラムが
メスを使わない!サプリメントも飲まない!!


『自宅で簡単にできる超自然な豊胸術!』です。



ダイエット人気ランキング 人気ポータルサイト




参考文献:ビジンズ・スタイル

 

 

 

インテリア・建築:エッチングガラスを企画・製作 心・うつ病からの解放と健康!  芸能事務所でも採用 バストアップ術 B-upガールズ サイト管理人のつぶやき Mac、Adobe製品、本、タバコなどを安く買う方法!「NAVERまとめ」で、色々なものを安く買う方法および裏技が紹介されている,Macは、Appleのサイトにある「整備済製品」というコーナーで安く買える。整備済製品とは、店頭商品や初期不良品などを新品並の水準に整備したものだ。Adobe製品は、放送大学の科目履修生になることで安く買える。Adobeが定めた対象教育機関の学生・生徒や教職員には特別価格で販売してくれるのだ,タバコは、韓国の「Nicejp.com」というサイトで日本のタバコも含め安く買うことができる.何の世界でも裏技があるもので色々探してみるとモットお得なサイト・ショップがあるかも。ユニクロの商品を驚異的に安く買う方法は「nanapi」というサイトで